目標を達成する力は旅でつく

人生で大切な「目標を達成する力」

仕事をするうえでも、人生を豊かに生きるためにもこの力は欠かすことのできないもの。

そんな目標を達成する力どうすれば身につけられるのでしょう?

そん時、旅がおすすめですよっていうのが今回の話です。

目標を達成するために大切な2つの力

まずは、目標を達成するためにどんな力が必要なのかを考えてみましょう。

1つ目は、段取り力

目標を達成したければ、目標を決め、それに必要な準備をして動き出す。そんな段取り力は旅で身に付きます。

2つ目は、トラブルに対処する力

目標達成までの道のりで、トラブルと遭遇した時に、この力があるかないかで目標の達成率が大きく変わります。

旅すると段取り力が身に付く

旅をすると、段取り力が身につきます。

みなさんは旅をするとき、何を決めますか?

多くの人が、目的地でしょう。アメリカに行くのか、タイに行くのか、それともブラジルに行くのか。

そしてそのうえで、決めることが、その目的地で何をするのか。つまり目標です。

例えば、タイでおいしいタイ料理を食べたい。ブラジルでリオのカーニバルを見てみたい。なんて風に、旅の目標を決めるわけです。

目的と目標は、入れ替わっている人もいるかもしれません。本場のサウナを味わいたいから、フィンランドへ行こうなんて人もいるでしょう。

どちらにしても、大切なのは目的や目標をしっかりみすえられることです。

そして、そこから先は、目的地に行くために、目標を達成するために、何が必要かを考え、実行にうつす時間です。

情報(おいしいタイ料理屋、リオのカーニバルの開催時期)を調べたり、その情報に基づいて、航空券やホテルを予約したり。そして、必要な荷物の準備。

ここまでの手順を踏むだけでも、段取り力は間違いなくつきます。

というか、この流れに沿って、なんでも旅気分で目的や目標を達成してしまうことが大切なのかもしれません。

  • ①行き先を決める=目的を決める
  • ②やりたいことを決める=目標を決める
  • ③いつ行くかを決める=目標の期限設定
  • ④航空券やホテルの予約=下準備
  • ⑤荷物の用意=必要なものを買いそろえる
  • ⑥旅路=目標達成までの道のり
  • ⑦ゴール=目標達成

まさに、人生に必要な段取り力を旅は教えてくれるわけです。

旅路でトラブルにあうのもまたいい

旅先ではたいていトラブルに巻き込まれるもの。小さいものから大きいものまで。言語の壁があったり、旅先に飛行機がつかなかったり、時にはお金をすられたり。

でも、そういうトラブルを経験できるのもまた旅のいいところ。人生もそうです。目標達成するためには、必ずどこかでトラブルや困難と遭遇するはず。

でも、旅にでてトラブルに巻き込まれたことのある人は、ここであきらめてはいけないことを知っているし、それを乗り越えた先にどんな素晴らしい景色がまっているかを知っているもの。

そこでひと踏ん張りできるのは、旅に出た経験のある人じゃないでしょうか。

海外への旅こそ目標達成に必要な力を養える最良のツール

旅は「段取り力」と「トラブルに対処する力」どちらも鍛えることができる最良のツールです。

この2つの力がつけることは、目標達成力の向上につながります。ぜひみなさんもたくさん旅に出て目標達成力を身につけてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です